スマイルメンバー

スマイルふぁーむを立ち上げた3人のトマト農家の紹介です。


近藤農園

President:近藤 康弘(Kondo Yasuhiro)

Birthplace:岐阜県海津市

Graduate:名古屋外国語大学外国語学部英米学科

Hobby:釣り、野球、フットサル

Club:野球、サッカー

Carrer:大垣南高校を卒業後、名古屋外国語大学外国語学部英米語学科にて学ぶ。卒業後は3年間のNTT代理店勤務を経て2007年より親元就農。そこでトマト栽培のいろはを学び2017年に経営継承を行い近藤農園の代表に就任。

Farm:80aを父、母、妻、パート6人にて経営。元々は全て土耕栽培を行っていたが、『お客さんに安定しておいしいトマトを届けたい!』という強い思いから、17aをココバッグ養液栽培システムに変更。

Vision:指名買いをしてもらえるようなトマトを作る事を目指す。現在の楽しみは、3人の子供と一緒に釣りや野球を楽しむ事。

 

 

 

田家農園

President:田家 一衡(Kazuhiro Taya)

Birthplace:愛知県豊明市

Graduate:名城大学大学院農学研究科

Hobby:映画鑑賞、音楽鑑賞、ウィンタースポーツ、登山

Club:柔道部

Career:名城大学大学院農業科にて養液栽培を研究、在学中に海外農業研修プログラム(JAEC)でスイスにて農業研修を行う。大学院卒業後は長野県の観光牧場にて夏は高原野菜作りや牧場インストラクター、冬はスキー、スノーボードのインストラクターとして3年を過ごす。その後岐阜県就農支援センターにてトマトの独立ポット耕栽培の研修1期生として1年間研修を積んだ後に2015年に独立。

Farm:開業当初はポット耕20aのみであったため家族のみで栽培管理を行っていが、空きハウスを借りて30aの土耕栽培を開始。計50aの栽培を効率よく行うため、ポット耕にスマート農業システムを導入。

Vision:『農業は魅力溢れる職業!』たくさんの人に農業の現状と魅力を知ってもらい、次世代の人が職業の選択肢の一つとして普通に農業を選べるようにしたい。

 

 

福島農園

President:福島 紳太郞(Shintaro Fukushima)

Birthplace:岐阜県海津市

Graduate:中部大学

Hobby:釣り(ポケモンGO)

Club:テニス

Carrer:大垣南高校を卒業後中部大学に入学、大学では植物生理学を学び卒業後はJAにしみのに就職。営農や部会事務局を担当しつつ5年間勤める。その後実家の農園を承継するため、岐阜県就農支援センターに入所。同研修施設にて約1年間独立ポット耕栽培を学んだ後20188月に福島農園代表の座を引き継ぎ就農。

Farm:もともと41aのトマト農園を両親が土耕栽培にて経営。20188月の就農を機に14aをポット耕栽培へ切り替えて経営を開始。現在、パート(姉)を含め家族のみで経営を行っている。

 Vision:自分の子や、後継者候補の方のような『子供』がやりたくなるような農業経営を目指している。